学振の準備を始める時期

登美ケ丘イオンで研究室のお菓子の買い物をしてから研究室。
ポット型の浄水器を買おうと思ったが、イオン1階が改装中で買えなかった。。
 
15時からは研究室公開。
第1志望がうちの研究室ではない人も来てくれて、13人くらい集まった。
みんなとは話せなかったが、聞いた感じでは「意味」に興味がある人が多かった。。
あとはDMLAに興味がありますって言う人や機械翻訳をやりたいという人、古文/漢文を使ってやりたいっていう人が1人ずついた。
言語教育/学習も1人いたので、彼はどうにかひっぱりこんでCICPのリーダーとかをやってもらいたい。
入学当初に興味あることと全然違うことをやる人が多いので、どう変わるのか楽しみではある。
 
とある方から学振DC2の申請書を見せて欲しいという要望が来たのでアップしてみるが、、
PDFにはパスワードをかけているので、パスワードを知っている人しか見れない。。
申請書を見たい人はtwitter@tomo_wbにリプライ等くれれば、お教えしますのでお気軽に。
twitterをやってない人はメールでも対応できるので、tomoya-m(--at--)is.naist.jp mizumoto.tomoya.mh7@is.naist.jpにメールを送ってもらえればと思います*1
自分はDC1にも出していて、その時は面接までいって不採用で、その次のDC2で面接免除で採用となりました。
なので、一応DC1の申請書とDC2の申請書、DC1の面接時に使ったポスターをアップしてます*2
ちなみに領域/区分は人文学/言語学日本語教育です。
DC2のときは提出寸前まで悩んだあげく、こっちを選択しました。
 
何か質問等あれば、答えられる範囲でお答えするので、気軽に言ってもらえればと思います。
 
 

*1:twitterのほうが楽なので、アカウント持ってる人twittertwitterでお願いします

*2:それぞれパスワードが違います